ロスミンローヤル 胃痛

ロスミンローヤルで胃痛が起きた

 

 

ロスミンローヤルを飲むと「胃痛」が起きてしまったという人もいるとのことです。
実際には口コミ等でそういった投稿があるわけではないのであくまで噂レベルだと思っています。

 

ですが、なぜシミ対策のロスミンローヤルに「胃痛」などと関係のない噂があるのか疑問ですよね。胃痛や胃の不快感は気持ち悪く地味な痛さが辛いこともあるので、ロスミンローヤルと胃痛の真相について調べてみました。

 

 

飲み方が正しく出来ていない可能性が・・・

 

最初に言っておくとロスミンローヤルを飲んで胃痛が起きる可能性は少ないですがあると考えられます。
それはロスミンローヤルが医薬品だからです。

 

薬を飲むと胃が荒れたりすることもあるので、そこから胃痛が起きる可能性もあります。

 

ロスミンローヤルは用法・用量を正しく飲まないといけないものです。
しかし、他のサプリメントと同じだと思ってしまい、説明をよく確認していない方も多いみたいです。

 

 

まずロスミンローヤルは1日3回に分けて9錠飲まないといけないのですが、飲み忘れてしまうと一度に6錠などは飲むことはできません。
医薬品なので過剰摂取になってしまい、胃痛の原因となってしまいます。

 

病院で処方された薬を飲み忘れたからといって、一度に2錠は飲んではいけませんよね。
ロスミンローヤルは第三種医薬品ですのでそれほど心配する必要がありませんが、過剰摂取になってしまうことで胃痛や不快感が起きてしまう可能性があります。

 

 

ロスミンローヤルを飲んで胃痛が起きてしまった原因の第1位は過剰摂取だと断言します。
飲み始めた時は飲み忘れなんてよくあることですから、それを取り戻そうと一度に飲んでしまいがちですがそれはNGです。

 

就寝前に時間をずらすなどの工夫が必要です。

 

 

空腹時に飲まない工夫をしよう

 

胃痛が起きるもう1つの原因としては、「空腹時に飲んでいる」ということも原因の1つだと思われます。
ロスミンローヤルの基本的な飲み方は1日3回の毎食後です。

 

食後30分以内に飲むことが最も望ましいとされています。

 

空腹時に飲んでしまうと、胃が荒れてしまう可能性があるので胃痛が起きることも考えられます。

 

朝・昼・晩の3回が理想的ですが、中には朝食を食べないという方もいるはずです。
ダイエットしていれば夕飯は食べないなどもあるかもしれませんね。

 

そういった時には野菜ジュースやヨーグルトなどを飲むなど工夫することで胃の負担を減らすことができます。
慣れればそういった対策も必要なくなりますが、胃痛をなくしたいなら胃の負担を減らす工夫をすればいいだけです。

 

 

まとめ

 

今回は「胃痛」ということに着目した内容としましたが、ロスミンローヤルで心配されている副作用についてのほとんどの原因は過剰摂取によるものです。
ロスミンローヤルを医薬品と知らずに他のサプリメントと同じように服用すると過剰摂取には簡単になってしまいます。

 

ロスミンローヤルは医薬品なので効果・効能が証明されているのでお肌の効果においては折り紙つきです。
その分副作用を心配される方もいるのですが、ロスミンローヤルは第三医薬品で最もリスクが低いとされているものです。

 

安全性には徹底して配慮されているので副作用の心配はほぼないと思って間違いありません。
ロスミンローヤルの副作用についてはこちらで詳しく説明しています。